残酷の象徴

先日はちょっと久しぶりに焼肉を食べましたねー。
焼肉は昔から大の好物、つまりは大好物として俺ランキングに君臨していますね。
カレー、焼肉。
THE男子ですよね。

でも、ぶっちゃけて言うとあんまり焼肉屋さんによっての違いって
感じなくて、どの肉も美味い!ってなるので
別に安肉でも全然いいってなる派の肉食系男子ですね。

もちろん美味しい焼肉は、美味しい、
美味いもんは美味い的な精神や構造は理解出来るし
実際食べて美味しいと感じるのですが、
上ハラミ4枚1300円とかザラにあるじゃないですか。
1枚300円ですよ。
これ1枚で牛丼一杯の価値、となるともはやこれどう言うこと?
どちらも肉は肉ですよね。。。と言う気分にならざるを得ないですよね。

じゃあ黙って牛丼食ってろよ、とお叱りの言葉を受けることはジュージュー承知していますよ。
焼肉だけにね。
ジューーーーーーー!!!

そんな文句にも似たようなことを思いながら
結局行っちゃうんですよねーーー。
欲してるんすわ。体が。
肉を。

そんな僕ですけど、動物は大好きなんですよね。
なんで動物好きなのか自分でも分からないんですけど
見てても和みますし、ほんと食べちゃいたいくらい好きとはこの事なんでしょうね。

実際にこの手で捌いたことがないのだけが気がかりですよね。
自分の命が他の命を奪った上に君臨していることをもっと知るべきですよね。
完全に。
そして感謝すべきだと思います。

でも今、人工肉の開発がすごく進んでいて、近い将来、命を奪わなくても
肉を生成することが可能になるって話を聞きました。
なんか肉を培養液とかに漬け込んで増殖させて行くらしいですよ。
すごいですよね。

それがいつか街のお肉屋さんに立ち並びだすと
そっちを買え的な声も大きくなり
天然肉は残酷の象徴みたいになって
いずれはなくなってしまったり、生レバーのように規制されたりする
そんな時代がいつかやってくるのかもしれません。。。

そうなるまでは、美味しく頂こう。
そんな風に思う今日この頃です。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる