ステレオタイプ親睦会

昨日は僕が企画した飲み会でした。
ちょっと色々宙ぶらりんになってた気持ちを一旦整理してみよう。そもそも僕は何か、いい空気の集まりを生み出せるような奴なんだろうか。
というそもそも論に立ち返って、いい交流、親睦を目的とした飲み会を開いてみたのでした。
とりあえず、僕の持ちうる人脈で狭いながらに自分の中では幅広く声をかけたのですが、みなさまハードスケジューラーで結局当日集まってくれたのはステレオタイプメンバーと旧友たちとステレオタイプお客さんって感じで、さらに当日前日ドタキャンも何軒かあり、ここだけの話、なんだ俺やっぱりそんな奴じゃなかったんじゃん。ほらね。もうこんなのはやめよう。。。と、割と凹みつつ、まあそれはそれで楽しもう。と心に決めたのでした。

ただの飲み会。されど飲み会。
みんな時間を割いて「楽しい」を感じに来ていて、それが「楽しくなかった」ら、やっぱり僕の責任問題になります。
企画ってそういうもので、やるからには楽しんで貰えなかったら意味がないと思います。
そういう意味で、参加メンバーで飲んだらどんな空気になるだろうとか、僕はどう立ち振る舞おうとか、もちろん考えました。
面白いものでバンドみたいだな、と思いました。
そして、結構当日まで誰が来るか分からないところもあったので、バンドでいうと、当日までメンバー編成が分からないようなそんな状態でした。
飲み会メンバーにもボーカル、ギター、ベース、ドラムタイプがあるななんて思ったり。

・ボーカルタイプ
自分の話をするのが上手。自分に全員の目を引きつけて上手く話すタイプ。

・ギタータイプ
奔放に話すタイプ。全員ではなく自分の近くの人と突っ込んだ話をするタイプ。

・ベースタイプ
帳尻合わせるタイプ。話に入れていない人にあえて話しかけたり、全員の会話が円滑に進むよう相槌を入れたり、たまに進行したりする。

・ドラムタイプ
聞き手タイプ。よく笑ったり、とにかく反応して場の空気を温める。

まあ、楽器パートのネームの割り振りは一般的なイメージなので、俺ドラムやけど自分の話しかせんよ!みたいな苦情は一切受け付けません。
みんなそれぞれタイプありつつ、それでも全員が一つの話をして、輪になっているような瞬間とか結構多くて、
めちゃめちゃ楽しい飲み会になりました。
あー、いい感じの人たちに恵まれてるなぁ。
と、改めて再確認した瞬間でもありました。
バンドメンバーもどんどん増やして、ルーティーン作って、次はあの人とあの人でやってみようとか
なんかそれきっかけで色々と繋がり出来たりとか、面白いっすよね。
いやー、開始前はあんなに落ち込んでいたのに、そんな気持ちは何処へやら。
またやりたくなってます。
まったく我ながら究極のマゾです。
ワンシーズンに一回くらい、こんなんやりたいですねー。ステレオタイプ親睦会。

ほぼほぼ3時間飲み放題でぶっ続けたのですが、飲み足りず、さらに1時間半ほど飲み続けました。
おかげで二日酔い真っ只中でございます。

あと、最後にちょっとしたアクシデントがあったのですが、
その辺はそこにいた人たちだけの秘密で酒のアレということで。笑

次はバーベキューとかいいっすね。
なんて思ったりしてー。

では今日はこの辺で。
バイニャーーン!

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる