毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。ブログ内コメントも可能なので、会ったこと無い人、会って間もない人でも、読んで気軽に絡んで貰えると喜びます!

サムライソウル

サムライソウル

ども、タカハシです。
昨日はお盆ということで7月に京都にオープンしたと言われているハードロックカフェKYOTOに行ってきました!!

お盆なんも関係あれへんがな。

そう思った貴方は鋭いです。
是非、探偵になることをオススメしますよ。
じっちゃんの名にかけて。真実はいつも一つ。
じっちゃんのナニをぶっかけるのはいつも一つ!!

しかし、祇園丸出しの場所にまさかあのハードロックカフェがオープンするとはいよいよ欧米諸国が幅利かせてきましたよねってね。
それにしても外観、内装は欧米感は一切なく、町屋風にあつらえまくったやつでした。
めっさ寄せてきている、ある種媚びていると言っても過言では無いような気になりましたよね。


外観なんですけど、もう一つ入口があったようで実はこれは裏口的なやつだったっぽいです。
裏から忍び寄るワタシ。こやつ忍びの者かと店員さんたちには思われたに違いありません。
きっちり欧米諸国に対してガチンかましてやりましたよってに。
大和魂、ここに極めれりってね。
店員さんはみんな日本人でしたけれども。

ほら。和風でしょ。
和の風が吹き荒れておりますよね。
和を基調としたおっしゃれーな空間です。
和調です。
和の調べが鳴り響いております。
と思わせて、鳴り響いていたのはロック&ロールでした。

おしゃれすぎて、思わず「オシャン!!」と叫び倒してやりましたよ。
店員さんたちはガチでドン引きだったに違いありません。
きっちり欧米諸国に対してガチンかましてやりましたよってに。
大和魂、ここに極めれりってね。
もちろん叫びは叫びでも、心の叫びですけれどもね!!
日本の叫びです。

メシ的なアレです。
なかなかのカロリーでしたね。
揚げに揚げまくったものに、めっさ濃厚なソースをディップして喰らうのです。
ディップとか言っちゃったよ。
喰らって喰らって喰らい尽くしました。
これぞまさに、喰らうどファウンディングだって思いましたよね。
何が「まさに」なのかと問われれば僕のすべき行動は一つです。
困ります。

こんなに揚げ物ばかりだとほんとパーティー気分になってクリスマスでも来たんかと勘違いしそうになりますよね。
「揚げぽよ」って言いますもんね。
実際に言ったかどうかは別としてね。
言ってないからといって、言ってないとは限らないですもんね。
例え100%だったとしても残りの1%がありますもんね。

食べつくすともはやお腹はパンパンに、はちきれんばかりでした。
針でつつくと割れそうな風船のようでございましたよ。
消化能力に全ての力を注いでいたのか、急激な眠気が来て一目散に帰って眠りにつきました。
あんなものを欧米諸国の人たちは毎日食べているのかと思うと、日本負けれられんなぁと悔しい思いで枕を濡らしました。

ハードロックカフェにはね、実は行ったことがあったんですよ。なんと本場アメリカの。

高校生の時の修学旅行がなぜかアメリカで、その時に入った記憶があります。
ほぼほぼ記憶の彼方に忘れ去られていますが、なんかアメリカのナンバープレートが壁にかかりまくってるような、なんかザ・アメリカ的な内装だったように記憶しております。
僕が行ったのはカリフォルニア州のヨセミテって場所で、まあちょっとした田舎町だったと思うんですけど、とにかく何を見てもデカくて、広大な敷地を目の当たりにしましたね。

アメリカは俺の器には大き過ぎる。

そんな風に思ったのは強く覚えています。
昔から自分を過大評価しない人間だったのです。
アメリカの空気を吸っても高くは飛べないことを知っていたのです。

それでいうと、昔、僕がライブハウスの照明オペレーターとして働いていた時に、京都に何年か在住していたアメリカ人が飲み屋で知り合った同じく外国人同士でバンドを組んでラモーンズのコピーバンドをやっていたのです。
そのうちの誰かが帰国するということで、事実上の解散ライブになったわけなんですけど、その人たちが各々バーで知り合った諸外国の友達たちが僕の働いていたライブハウスに当日押し寄せたわけであります。

そもそも素人の人たちで、リズムとかちょっと固い気がするし、多分演奏上手くないんですけど出てる音がめちゃくちゃ良くて演奏の下手さが気にならないというか、上手いようにも聞こえてきたりして。

思い切りのいい音というんですかね。そこにもスケールのデカさがあるのか。

そうして集まった諸外国の方々は想い想いにその鳴らしている音に合わせ、ブリブリとしたケツを振りミラーボールの下踊る人、瓶ビールで乾杯する人、挙句の果てはライブを見ながらイチャつき始めてディープキスをしだす人も現れたではありませんか。
その瞬間、もはやそこは日本ではなく、紛れもない欧米諸国にトラベルしたのです。
後ろで一緒に見ていたバーカウンターに入っていた先輩が「すごいな…」と一言漏らしたあと、
「そら戦争負けるわな」
と言ったのがホンマですねと言わざるを得ませんでしたね。

しかし、我々には大和魂というものがあります。
サムライソウルです!!

…あれ?なんの話をしているのか完全に見失いました。
とにかく、今日一番言いたかったのは、例え100%だったとしても残りの1%でなんとかするということですかね。
どうか諦めないで下さい!!

ほんじゃ、また!!



次回ライブ
9月20日(金)
『秋の空が高いワケ』
@京都livehouse nano

出演:
GENNARI / ステレオタイプ / hananashi / サヨナラファンタジスタ
[open] 18:30 / [start] 19:00
[adv] \1500 / [door] \1800
(+1drink¥500)
詳しく見る

2件のコメント

たこさん 投稿日:12:25 pm - 8月 15, 2019

そのカリフォルニアの田舎町のハードロックカフェにはめっちゃ行ってみたいです~!
まぁ、如何にも京都風なハードロックカフェもちょっとおもしろそうではありますが…。

ヘタでも上手い感じ…
数字に表せないのが音楽であり芸術なんでしょうね~

タカハシさんほど粘り強いバンドマン、私は他に知りません!
タカハシさんは強力粉ですね!パンですね!笑

    takahashi 投稿日:12:48 pm - 8月 15, 2019

    カリフォルニアの方はもはや20年も前のことなので、当時のものではないかもですが。。。
    高校生の頃、もう20年も前なのかと思うと焦りますね!笑

    音がドーーーンと飛んで来る感じだったんですよね。。。
    体が大きいというのも関係あるかもしれません!

    ありがとうございます!
    往生際の悪さだけが自慢の男です笑

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)