毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。

いつくしま神社

いつくしま神社

さて、やっぱり何かを食べに行ったお店のことを書くのが一番書きやすいのもあって

フードブログ多めなこのブログです。

その中でも一際カレー、

そして焼肉が多めですが、

カレー、カレー、カレー、焼肉。

くらいの感覚ですよね。

でも、何もカレーと焼肉だけじゃないんですよ。

この俺の真骨頂は。

焼き鳥だって好きです。

肉が好きなんですよね。

牛、豚、トリ。

全て同じくらいの愛を注いています。

絶え間なく注ぐ愛の名を

永遠と呼ぶことが出来るのです。

最大級のいつくしみを込めて。

いつくしま神社。

そう俺のことを呼ぶ奴は一人もいないですが、

これからもそんな風に呼ぶ奴は現れることはないでしょう。

それこそ永遠に。

つまり絶え間なく注ぐ愛です。

永遠イコール絶え間なく注ぐ愛、

という図式が頭の中で描かれたことだと思います。

そんな訳で焼き鳥も食べます。

こんな僕にも行きつけの焼き鳥やさんがありましてね。

みなさん知ってますかね。

結構、有名店なんですけど。

鳥貴族…

って知ってます?

いい名前ですよね。

そら知っとるわ。

つか、鳥貴族かい。

と言う2段ツッコミ待ちです。

大きな特徴と言えば

店内がタバコで煙いのと、

めちゃくちゃウルサイことですかね。

鳥貴族に来るお客さん声デカめ説。

是非水曜日のダウンタウンとかで検証してもらいたいものです。

先日は鳥貴族以外にも

いい店を探してみようってなもんで

ちょっと気になってたお店に行ってみました。

▼つじや
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26014255/

烏丸の丸太町を南に行きますと

程なく見えてきます焼き鳥の看板。

それこそがこのお店です。

以前、四条烏丸の近辺にもこのお店ありまして。

そこには行ったことがあったのですが、

結構いいイメージだったので

また来たいと思っていたんですよね。

でも、京都にチラホラ何軒かあるお店のようで

チェーン店的な感じなのか。

と、少し興ざめしていたのはありますよね。

個店の方が惹かれる。

そんな感覚、ありませんか?

しかし、美味しかった印象があったのも事実。

今回はそんなことは気にせず、

うまいもんはうまい!!

の精神でやってきた次第であります。

ちょっと地下におりてゆくのですが、

今回は座敷に通していただきました。

お店は煙くもなく、

そしてお客さんの声もデカくなく、

その辺は鳥貴族とは違う感じがしました。

僕はとりあえずハイボール。

つか徹頭徹尾、ハイボールです。

徹底的にハイボール。

手。

足。

徹底的に手足です。

あら。

いいじゃない。

炙り鶏の刺身です。

もちもち食感です。

おもちとは味とか全然違いますが、

似ず非なるものって感じです。

これはうまい。

まいうーです。

まいうーを差し上げます。

三種焼き串の盛り合わせです。

奥から、

鶏。

鶏。

そして鶏。

の三種です。

鶏オンパレードです。

これまた上品な味わい。

リッチです。

リッチマン・プアウーマンです。

小栗旬、大活躍です。

石原さとみも忘れてはいけません。

唐揚げです。

柴漬けタルタルを添えて。

まさに添えてます。

いい味出してます。

このこたち、いいコンビだわ。

そんな心の声がダダ漏れそうになります。

極め付けです。

つくねです。

ジューシーなつくねに贅沢にも卵をつけて

食らいつきます。

鶏の肉汁と卵が口の中で混ざり合って

愛の

ハーモニー。

忘れずに〜。

玉置アンド陽水です。

鶏肉と卵のハーモニーはヤバいです。

親子丼的感覚。

親子丼ってネーミングセンスは本当に脱帽です。

まあ人間で考えたら…

おっとストップ!!グロ注意です!!!

人間換算は非常に危険なので

素人にはおすすめしません。

とにかく理屈やないねん。

うまいもんはうまい!!

ほんまええこと言いはるわ。

てな具合です。

ぶっちゃけ言って、かなり美味しかったです。

気になった人がいらしたら、

俺も行くので一緒に行きましょう!!

とか言うトリます。

トリだけに。

以上。

言うトリました。



次回ライブ
2/24 京都live house nano
ステレオタイプ主催
「ロックトゥザフューチャー13」

出演:
ステレオタイプ
Andare
soratobiwo
the seadays
OPEN 17:30 START 18:00
adv¥2,300/door¥2,800(1D別途)
詳しく見る
コメントは受け付けていません。