毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。

四方八方六方手裏剣

四方八方六方手裏剣

さて。

四方八方から突っ込まれるという

とんでもない幸せ空間を体験した私ですが。

まじ四方八方六方手裏剣とは

大違いです。

そんな状況に立ったことはただの一度もないですけど

忍たま乱太郎は言ってますからね。

四方八方六方手裏剣。

よく聞いたことがあります。

忍たま乱太郎の

「たま」

は果たして卵のたまなのか

タマキンのたまなのか

ほんと永遠の謎ですよね。

キンタマのたまっていう

別ルートもあるますけど。

アナザールートって奴ですね。

知らんがな。

そう思ったあなたは大正解です。

とにかく幸せを感じていたんですよね。

荷物抱え

電車の中

一人で幸せだった。

そんないつまでも手を繋いで

いられるような気がしていた奴とは

全然違いますよね。

一人で幸せだった訳ではないのでねー。

なんてことは一切思っていないですが

思っていますとふと気になったので

コージー松本ことコージー松本に

なんの気なしに

「最近曲作ってる?」

と聞いたのです。

これは結構ソングライターあるあるかもしれないですけど

「最近やってる?」

くらいの感覚で聞きますよね。

そして

「全然新曲出来ひんわ」

「まじかー俺もやねん」

そうして新曲出来ないトークが花ひらく。

いやいや。

そんなみにく過ぎる花咲かんでええねん。

そんな悪夢みたいな花咲じいさんは

誰も望んでないねん。

そう思ったあなたは

普通にツッコミに向いてると思います。

吉本行った方がいいと思います。

今行ったらNSC何期生ですかね。

んなこたーどうでもいいと。

僕がそう聞くと僕の意に反してコージー松本ことコージー松本は

「最近結構出来てんねん」

と返してきたじゃあないですか。

僕はその時思いましたよね。

こいつ枯れてないやんけ。

当たり前です。

もう音楽やってズーーっと経ちますけど

えっ、俺枯れた!?

そんな瞬間があったとしたならば

ソッコーでやめます。

就職しますわ。

いやそれは勝手にしろよと。

就職したら音楽やめる風潮。

そんなことはどうだっていいんですけど。

とにかく俺たち枯れてないよね。

というか

そこから曲作りに対するやり方みたいな話にもなって

これがまたなかなかめちゃ面白かったです。

彼と僕の曲作りの仕方が真逆で

曲ありきで演奏で詰めていく手法と

演奏ありきで曲詰めていく手法。

ざっくりいうとそんな感じだったんですけど

それでよく曲作れるな。。。

と思う手法であったりもして

逆に向こうもそういう感じで

さっきのハングリー精神トークと真逆の

スーパー真面目トークに花が咲いた訳であります。

音楽ズーーっとやってるもの同士

語り始めたらそらトークはエンドレスですわね。

以上。

エンドレストークでした。



次回ライブ
北小路直也×共田尚樹×タカハシタクマ×井上ヤスオバーガーpresents
「京都パウワウ」

日程:2020年11月1日 (日)
会場:西院和音堂
時間:開場 13:00 /開演 13:30-
チケット料金:前売 ¥3500- /当日¥4000- (1d別)

配信チケット料金:¥2500
※配信チケットのシステムは後日追記

出演者:
アヤヲ
井上ヤスオバーガー
梶本ヒロシ
北小路直也
タカハシタクマ(ステレオタイプ)
谷澤ウッドストック
共田尚樹
西島衛(ザ・シックスブリッツ)
林愛果
山田明義(ステシュラ)
山田兎
(ひらがな順)
詳しく見る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)