そのオーラをオラにも分けてーな

さて。

完全にトーシロー扱いされて以来ですが

とにかく悔しさをバネに立ち上がろうとしていました。

あまりにも悔しかったので

神宮大麻が売ってそうな京都の神社をリストアップしたのです。

神宮大麻というのは伊勢神宮のお札なのですが

伊勢神宮には天照大神という神様が祀ってあります。

その神様を祀っている神社が京都にもあるならば

そこにはあるんちゃうかっちゅう寸法やっちゅう話や。

まさに金田一タカハシ。

じっちゃんのナニにぶっかけてっちゅう話です。

そう思ったならば吉報です。

早速グーグル先生に相談です。

「京都 天照大神」

と検索すると

出てきた出てきた親父の料理。

おかず隠してオマエら管理。

その中でもひときわ目を引いたのは

なんと伊勢神宮の京都出張所的な神社があるではないですか。

そのなも京都大神宮。

京都大作戦的な素敵な響きを持った神社です。

場所はと言いますと

四条寺町を下がった場所。

知る人ぞ知るトガトガというライブハウスの近くです。

ほー、そうでっかと。

はっきり言って家から遠いわけではないですが

全く近いわけでもない

わけの分からない距離でございます。

しかし私は名案を思いついたのです。

そこまで行くにはとにかく南へ南へ向かう必要があります。

上杉達也は、浅倉南を愛しています。世界中の誰よりも。

と言わざるを得ません。

じゃあもはや鴨川まで行ってしまって

その川沿いをサイクリングがてら行ってやろうじゃないさと。

そう思いついたのであります。

京都のパワースポットであるカモリバー。

そのオーラをオラにも分けてーな!

ってな具合です。

そうは決まれば善はいそげです。

外に出ますと秋晴れのいい天気。

まるで神々たちが祝福しているかのごとしです。

そうしてたどり着きましたカモリバー。

そこから南へ南へアサクラ南です。

気持ちいい風が吹き荒れていました。

これぞ神々たちの祝福という具合です。

そんな気持ちでいればあっという間にたどり着きました。

京都大明神です。

大明神という名前のわりには割とこじんまりとした佇まい。

都会の喧騒の中にひっそりとおましました。

私は失礼しますとばかりに鳥居を潜ると

一目散にお札の売り場まで急ぎました。

すると2人ほど並んでらしたのですが

売り場の上には「天照皇大神」のお札が飾られていました。

やっと会えたね。

まさに心からそう思ったのです。

天照皇大神と天照大神の違いもよくわかっていない僕ですが

どうやら神宮大麻とやらは

天照皇大神のお札ということで間違いなさそうです。

オラワークワクしてきたぞ。

と言わんばかりの勢いで

自分の順番がやってくるのを待ちました。

しかしたった2人しかいないのに

全く進みません。

何度か心折れそうになりながらも

20分ほど待ってようやく私の出番です。

心躍らせながらこう言いました。

「天照皇大神のお札をください!」

「すみません、天照皇大神のお札のお札は年末年始しかないんですよー」

ないんかーーーい!!!

もはや食い気味にカウンターをいただきました。

私はもはや半泣きになりながら

「じゃあどこにあるんですか・・?」

とだけ絞り出しました。

「この時期にはお伊勢さん(伊勢神宮)にしかないですかねぇ」

と全くもって京都らしいはんなりとした声でおっしゃられました。

私はガックリと肩を落とし

これでもかというほど肩を落としながら

帰路に着いたのです。

帰りもカモリバーを通ったのですが

行き道とはうって変わって

虫が大量発生しており

まるで私の行く道が前途多難やで

と神様からおっしゃられたような

まるでそんな気分になったのです。

以上。

なったのでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる