世界線

さて。

カレーって知ってますか?

人によっては

カリー。

なんて言ったりしますよね。

インド発祥と言われていますよね。

これね。

美味しいですよね。

でもたまに思うんですよね。

カレーを知らないまま今まで過ごしてきた世界線だったら。

どう思うんだろうって。

どう見ても

アレ。

ですもんね。

まあ戸惑いますよね。

これ食えんのか?

流石の悟空もそう言っちゃうかもしれません。

それ系の話で言うと

遠い昔家族で手巻き寿司パーティーをしていた時に

食材にウニがありまして

これもアレっぽいじゃないですか。

まだ6歳くらいだった僕は

ウニを見て

めっちゃアレっぽい!

と騒いでおりましたら

親が激怒しまして

無理やりウニを食わされたんですよね。

まあ吐きましたね。

そんな苦い記憶が今鮮烈に蘇りました。

つまり私が言いたいのは

知らなかったらそれと同等のことが起こるに違いない。

そう思うんですよね。

となるとやっぱり凄いのは

一番初めに食べたやつですよね。

はるか昔。

遠い異国の地、インドにて。

3人の若者が鍋を囲んでいたそうな。

ちょっと味変してみる?

そのうちの一人が提案したのです。

ええやん。

やってみよ。

すると彼は家にあるスパイスを

軒並み持ってきて

鍋にぶち込んだのです。

うわ!

お前何すんねん!

みんなは怒り出しました。

そうです。

彼はお調子者だったのです。

ええやんええやん。

これどんな味なんねやろな。

笑いながらかき混ぜていた彼も

かき混ぜるにつれ笑顔は消えて行きました。

これ。

完全にアレやん!

3人は青ざめました。

スパイスを適当に調合すると

アレが出来上がる。

完全に頭の中にその図式が出来上がったのです。

どうしよこれ。。。

3人は頭を抱えました。

待てよ。

もう一人来るやん。

アイツに食わせてみよ。

まじか。

死ぬぞ。

まあ死にはせんやろ。

電気を消して

真っ暗な中食わしたらええんや。

しばらくすると

遅れてきた一人がやってきたのです。

おーい。

何やこれ。

真っ暗やないか。

おー、こっちこっち。

闇鍋、言うやつやっとんねん。

何しとんねん。

まあ、これくえ。

きさん、これくえ。

そういって器に注がれたそれを突き出したのです。

遅れてきた一人は訝しがりながらも

それを口にしたのでした。

なんやこれ!

笑いをこらえる周りの3人。

うまい!!

えっ。

まさかの研究結果です。

見た目完全にアレだったそれは

うまかったのです。

驚いた3人は電気をつけました。

光の下、映し出されたそれを見て

遅れてきた一人は言いました。

なんやこれ!

あれやないかい!!

そして完全にリバースしたのです。

それを見て3人は

ゲラゲラと笑ったのでした。

これがカレーの発祥だとは

思わないでくださいね。

違いますから。

以上。

違いますからでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる