君の瞳に恋してる

さて。

僕の話なんですけど

一応車の免許は持っているものの

ほぼ一年くらい運転していないな。

って思うんですよね。

運転なんか

出来る限りしたくない

って思ってるくらいです。

なぜなら

酒が飲めないからです。

飲んだら乗るな

乗るなら飲むな

を実践していると

不思議と運転する機会が

めっきりと減りました。

いやもちろんその前から

飲んだら乗ってないですけど。

しかし

俺の親世代とかは

ふっつーに飲酒運転してたな

今となっては思ったりしますけど。

まあそれは時代ですけど。

それはそれとして。

車が登場して

100年くらいですかね。

やっぱそれまで車的な役割してたのって

馬じゃないですか。

馬的には

車のことどう思ってるんやろ。

ってちょっと思ったりしますよね。

江戸時代とかでは

ふっつーに馬を乗り回してたわけじゃないですか。

江戸時代とかめっちゃ前な感じありますけど

ほんの150年前くらいですもんね。

そう思うと

馬サイドとしては

あんなに人間に尽くしてきたのに

もうワテらのこと乗ってくれなくなってもうたんですか。

シドい!!

って思ってても

仕方ないと思うんですよね。

でも動物園とか行って

馬の目を見てください。

優しい目をしてるんですよね。

車の方が

そらええですもんね。

フンもしませんし

後ろに回り込んだ人に

蹴りを喰らわすこともない。

ワテらは

もう用済みや!

まるでそんなことを

瞳で訴えかけてるやないですか。

ほんま

君の瞳に恋してるって

思いますわ

チャーらチャーらチャーらチャッチャ!

アイラーブーベイベー!

以上。

アイラーブーベイベーでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる