ちんボッツ

さて。

なんとなくなんですけど

最近気になってる言葉があるんですよね。

それは

「地球に優しい」

と言う言葉です。

自動車の排気ガスはオゾン層を破壊する。

それに比べて

電気自動車はとてもクリーン。

地球に優しい!

と言った場合に使いますよね。

これ思うんですけど

地球サイドとしては

オゾン層は破壊されたくないんですかね。

まあオゾン層が破壊されたら

地球温暖化が進んで

南極の氷が溶けだして

海域が上昇して

日本沈没。

ちん

ボッツ!!

みたいなことなんですかね。

仮にですよ

だとて

だとてですよ。

そうなった時に地球サイドとしては

困るんですかね。

いやいや

ワシは一向に構いまへんで。

別に。

海域が上昇しようが

日本が

ちん

ボッツ

しようが

関係あらしまへんもんな。

って思ってる可能性は

かなり高いですもんね。

だって別に地球が全て砂漠化したとて

地球は地球としてあり続けますもんね。

緑が美しい地球。

と言うのは我々の勝手な価値観でしかなくて

地球サイドが緑が美しいんでっせ。

わては

緑が美しいのがウリでっせ

ってドヤったわけではないですもんね。

一回たりとも。

だから地球サイドとしては

思ってるかもしれませんね。

地球に優しい…?

優しくされてんの?

わて、優しくされてんの??

頼んでまへんけどー!!

地球サイドとしては

とんでもない善の押し売りかもしれないですもんね。

だから言いなおすべきかなと思うんですよね。

人間が住みやすい地球を保つ。

これですよね。

本来の意味は。

それを地球に優しい。

なんて言い方したら

地球サイドからしたら

気分悪いですよね。

いやいや

人間サイドが勝手に決めてるだけやん。

別にワテの気持ち考えてくれてるわけちゃいますやん。

それこそエゴです。

エコどころか。

エゴと感じてらっしゃる可能性もありますよね。

まあ。

なんですかね。

だからなんだ。

と言われたら

まあ困っちまうんですけど。

困っちまうんかい。

以上。

困っちまうんかいでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる