毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。

生きとし生けるもの

生きとし生けるもの

先日はとある親族のお通夜に参列いたしました。

今回はどちらかと言えば遠縁の関係性ではあったのですが

挨拶だけでもという形でした。

この年になってくるとどんどんとそう言うことも増えてきますよね、

生きとし生けるもの、全てがいつか辿る運命。

ただそれはいつかは分かりません。

何十年も先かもしれないし、

もしかしたら明日かもしれない。

ずっと先のようでいて

実はすぐ近くにあるもの。

死。

です。

一度は考えたことはありませんか?

死んだら、いったいどうなるんだろう。

僕は割と成人するまでは考えていたのですが

いつからかあまり考えなくなりました。

今では多分、何も無いんだろうなって思ってます。

その先になんて何もなくて、

自分という存在が世の中から無くなる。

無です。

なんかそんな感じなんだろうなって何となく思います。

だからきっと今が全てでしかなくて

今を楽しむってめっちゃ大事なことなんだろうなって思っています。

あっさりしていますが、

今日はそんな感じで。



次回ライブ
日時 5月29日(土)
22:00-26:00

京都パウワウ
日跨ぎ無観客配信深夜ライブ

※投げ銭制
(お礼動画有り) (投げ銭方法については後日ご案内) 開催会場 京都西院和音堂

出演/
共田尚樹
北小路直也
タカハシタクマ
長谷川和宏(Men From West)
井上ヤスオバーガー
詳しく見る

2件のコメント

たこさん 投稿日:10:01 am - 10月 26, 2019

私も死んだら”無”だと思ってます。
天国(極楽)も地獄も無いし、輪廻転生もないない~って…。

50歳を過ぎた辺りから死がかなりリアリティーさを帯びるようになりましたわww

    takahashi 投稿日:3:08 pm - 10月 26, 2019

    僕も昔より死に対してリアリティーを感じるようになりましたねぇ〜。
    子供のころは輪廻転生や天国地獄をちょっと信じてたから、死に対してワクワクもあった節もありましたが。
    今はその時が来た時に後悔しないように活動するのみ
    就活、婚活、妊活と同じように死活って言葉もあるのかもって思うほどであります笑

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)