決戦の日

さて昨日の続きです。

決戦の日の朝。

ワタシはスマホを握り締めておりました。

吉と出るか凶と出るか。

なぜなら完全にこちら都合での返品となります。

心が痛まないかと言われれば

もちろん痛みます。

しかし、それはそれ。

これはこれ。

そうでも思わないとこの世界生きては行けません。

それくらいの図太さがこの世界を生き抜くための秘訣なのです。

そうして、私はコールセンターへとテルをフォンしたのです。

「はい、こちらコールセンターです。」

「すみません、昨日購入したmacを返品したいのですが可能ですか?」

「7日間以内であれば返品可能ですが、どうされましたでしょうか?」

「実はosのサポートのことを失念していまして、最新版がインストール出来ませんでしたので。。。」

「かしこまりました。お持ちいただければ対応いたします。」

というやり取りを済ませ、返品が可能であることを確信したのであります。

PC「なんだいなんだい。寂しいねー」

老PCはぼくに語りかけます。

なんだかんだ言って、一晩を共にしたPC。

愛着が全くないかと言われれば、

そんなことはありません。

しかしごめんよ老人PC。

俺は先を行きたいんや!

ぼくは150才macちゃんを元あったように綺麗に箱につめ、

再び京都駅を目指したのであります。

ソフマップに到着すると、店員さんに話しかける前に、

まず返品した後どうするかを決めようと

改めて品定めを開始しました。

2012年モデルのmac mini。。。確かにある。

やはり昨日購入した横にもう一つ新しいモデルのものが置いてありました。

こちらを購入すると思っていたところまでは構築可能となります。

しかし、どうしよう。

そうです、HDDの文字。

5万円という金額。

私はiMacというディスプレイ一体型のものもみてみる事にしました。

こちらはなんと2014年モデルのもので5万円。

これでもいいのかも…。

しかしiMacの方はスペックも割と低めです。

そしてやはり気になるのはやはりHDDの文字。

どうせならSSDのものにしたい。

購入して自分で改造してSSDにしちゃうって手もあります。

しかし、前回老PCを購入してミスってしまった手前、

そんな考えには至りませんでした。

最新版はいくらだろう。

と、ドキドキしながら最新版mac miniコーナーへ。

すると

ストレージ128G 80,000円
ストレージ256G 100,000円

とありました。

たけえ。

ってか、バックアップを取っているものが500Gのものだったので

ストレージが500Gのものでないと落とし込みが出来ません。

256Gの時点で10万行ってるから

500Gだと余裕で超えるなぁ。

でもssd…快適なんだろうなぁ。

ぼくは家で最新版mac miniを使っている自分を思いはせました。

いいなぁ。

でもなぁ。

とかなんとか思いながら、とりあえず返品の手続きをしながら

考えてみよう。

そう思い、意を決して店員さんに話しかけたのです。

以上。

話しかけたのでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる