グラマラス兄さん

さて。

昨日はトマトと赤ワインをグッツグツに煮込んだやつ。

そんなやつを作ったやつを書かせていただきました。

正直言いましょう。

うまかったです。

キャベツもいい感じにグッツグツになりました。

そしていい感じにお腹もいっぱいになって

結構作ったので余ったので

まあ明日も楽しもう。

みたいな感じで思っていたんです。

そして翌日、一晩寝かせたやつを見て思いました。

コレをベースにカレーにしたら

一体どうなっちゃうんだろう。

まさに好奇心の塊のような感情が湧き出てきたのです。

トマトと赤ワインベースなら

やっぱり欧風カレーに仕上げたいですよね。

ホテルのレストランで出てきそうな

リッチなテイストです。

そんなところでカレー食べたことないですけど。

とにかくイメージです。

そういえば僕スパイスを調合してカレーを作ったことないんですよね。

コレを気にルーを使わずに

カレー作ってみようかな。

なんて気にもなってきました。

コレばっかりは流石にレシピ無しでは無理です。

なのでグーグル先生に質問です。

グーグル先生ー!

はい、なんですか?

ブリーフはおやつに入りますかーー??

はい、入りません。

てな具合に調べておりますと、

どうもインド的なスパイシーカレーを作るなら

いい感じのスパイス調理法があるみたいなんですけど

欧風カレーをスパイスから作る。

みたいなやつがなかなか見つからなくて

欧風カレーはルーではなく

カレー粉使う。

みたいなのばっかり出てきました。

そうこうしているうちに、

パトラッシュなんだか僕眠くなってきちゃったよ。

大変です。

一大事がやってきました。

寝たら死ぬぞってなもんです。

コレじゃもとも子もないので

もうカレー粉使おう。

ってな具合で買ってきました。

カレー粉、追加用のもも肉。

早速もも肉をギッチギチに切り始めます。

今回はもうベースのものが出来上がっているので

下準備もかなり楽です。

今日は昨日より念入りにもも肉を焼いてみよう。

ってな訳で焼き始めました。

もう肉自体に下味をしっかりつけてみよう。

ってなもんで

塩胡椒、にんにく、鷹の爪、バターでジュージュー炒めて

ラストに赤ワインをぶっかけました。

ドジューー!!

と凄い音がしました。

コレはいい音やな。

なんならこの音を録音して

クラッシュシンバルの代わりに入れた打ち込みの曲を作りたい。

そんな風に思ったかといえば

もちろんそんなことはないのですが、

いい音だと思ったのは本当なのです。

さ、いい感じ焼きあがったものを

トマト赤ワイン煮込みにぶち込んで

カレー粉を足して、

またひたすら煮込みます。

仕上げにバジルをふりかけて、、、

さて、出来上がりを見てみましょう。

コレは美味そうです!

トマトと赤ワインの酸味、

そしてバターの重厚感が味わえる

リッチなテイストの欧風カレー。

思ってたやつや!!

と感無量です。

バリバリ好みの感じで仕上がりました。

コレ出してくれるお店があったら

月1で通うかも!

ほんとにほんとに。。。

そう思ったカモーー!!

はい。

みなさんお待ちかねの引きのショットです。

美味しそうな写真をインスタにあげて

立派なインスタグラマーになりたいのだーー!

グラマラス兄さんと呼んでくれい。

以上。

グラマラス兄さんでした。

よかったらシェアしてね!
次回ライブ
【イベント情報】
8/25(水)@京都livehouse nano

『Tomorrow is Another Day』

出演
囀り峠 / ステレオタイプ

http://livehouse-nano.com

open/start 17:30/18:00
adv./door.¥2000/¥2500
(共に+1drink¥500)
詳しく見る
目次
閉じる