楽園へ行こう

さて

なにやら

カジュアルおばさん

と言う熱いワードを耳にしまして

まあまあ年齢行ってるのに

Tシャツにジーパンみたいな格好で

若作りして痛いおばさん

と言うことらしいんですけど

例の写真みたいなのがあるので見てみると

全然サイズ感合ってない感じで

年相応に見せたいならコレ!

みたいなのを対比として横に乗せてるんですけど

そっちはちゃんとサイズ感合ってるんで

Tシャツにジーパンが悪いのか

サイズ感が合ってないのが悪いのかが

どっちなのかよく分からないというか

だったら対比としてはサイズ感合ってないもので

比べて欲しかったかもしれないですよね

最近アメカジ好きなんで

サイズ感合ってる同士なら

僕は断然カジュアルな方が好きかも〜

アメカジに対する

熱い風評被害

やめていただきたいですねえ

とも思いましたけど

カジュアルおばさん

でSNS検索してみると

私いわゆるカジュアルおばさんだけど

ダメ〜!?

という自称カジュアルおばさんたちの

写真付きのポストに溢れており

そんなことないよ!!

と、すごく言って欲しげなオーラを感じて

とってもエモい気持ちなりました

ええやんええやん〜

あなたたちの想い

しかと受け取った!!

結局ジャンルがなんだろうが

似合ってるか似合ってないか

だし

仮に別に似合ってなかろうが

それが好きならそれでいいし

いやいや

ファッションのことなんて考える暇も

金銭的余裕もないんで

Tシャツにジーパンで済ませてます

ならそれでもいいし

別に

誰がどんな格好しようと自由でしょ

という気持ちは溢れ出すのは

私が全く年相応の格好をしてないからでしょう

まあともかく人のことをとやかく言いたがる

判断を下したがる

というのは最近の風潮ではあるかもしれないですよね

しかし年相応の格好って

どんな格好なんでしょうねえ

永遠の議題です

最近はしばらく封印していた

原色の服なんかも着たりしていますし

まあ確実に年相応ではない

ということは言い切れるんですけど

まさに原色おじさん

カジュアルおばさんなんて目じゃありません

若作りの極地です

ふむ

カジュアルおばさんは

そうなのかどうなのか判断しづらいですけど

原色おじさんは

絶対にどうやっても原色おじさんで

もう言い逃れ出来ないってのはありますよね

まあ好きにやればいい

ですよね

一人きりもいいだろう

二人だけもいいだろう

猫も連れて行こう

好きにやればいい〜

はイエモンの楽園の歌詞ですわ

楽園へ行こう〜

以上

楽園へ行こうでした。

よかったらシェアしてね!
PICK UPライブ
◆9/3 京都:二条Live House nano
ムジカムジナPresents
「BANDvsSSWフェス2023」

前売り3000円 当日3500円(ドリンク別)
OPEN START 12:30 / 12:50
※当日フード出店有り

ステレオタイプ
トミタショウゴ
LOVE LOVE LOVE
私の思い出
カジモトヒロシ
アヤヲ
立石歩
work from tomorrow
kimiiro
特設サイトへ
目次
閉じる