毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。

植物サイド

植物サイド

さて。

ちょっと思ったことがあるので

言っていい?

勝手に言ってろ。

そう思った方も数多くいらっしゃることでしょうに。

植物人間って言うじゃないですか。

えっ。

言ったことない?

脳が機能しなくなって

体だけ生きている状態の人のことを

植物人間と言うらしいんですけど

ネーミングセンスえぐくないですかね。

いかついと言うか。

もうちょっとマイルドな言い方なかったんかと。

あと

別に光合成して栄養素を賄える体になるわけじゃないんだから

植物サイドからしても

不名誉なネーミングですよね。

植物サイドの気持ちを全く考えていないと言うか。

実際憤りを感じているかもしれないですよね。

植物サイドとしては。

おい。

おいおいおいおい。

こいつ。

植物サイドって言いたいだけやろ。

懸命な読者の方なら

お気づきになったことでしょう。

その通りです。

よく見破ったなと

言わずには要られませんよね。

しかし思うんですよね。

その状態の人間のことを

植物人間

と言うのであれば

本当に植物と人間のハーフが

もしこの先登場した時に

なんて言ったらいいのかって。

植物人間の名称は

もうそれに決まっているんだから

使えないですよね。

でも意味合い的には

絶対的にそっちのが

植物人間なんですもの。

ですもの。

とか生まれて初めて使った言い回しかもですが

ともかく

のちに生まれてくる植物と人間のハーフ。

その真なる植物人間は

どう思う?

って思っちゃいますよね。

ええ!?

意味合い的には

僕らの方が絶対植物人間ですやん。

だって

植物と人間のハーフなんやからね。

自分ら

光合成でけへんやん!

僕らはできますよ。

だって植物と人間のハーフやからね!

そしていつからかその思いは

憤りに変わっていき

真の植物人間は我々だと言うことで

植物人間に宣戦布告する!

よもや植物人間の名称を巡って

争いが起きる。

そんな世の中じゃ

ポイズン!

つまり何が言いたいかと言うと。

その植物人間同士の争い。

それこそがのちの

植物物語。

なのでアール。

以上。

なのでアール。でした。



次回ライブ
4/22(木)
@二条live house nano
『BE BLUE EVERYTIME』
*投げ銭制配信あり

出演:
ステレオタイプ / pleetz
opening 憧れからの脱出ソング for you:maoro.(サヨナラファンタジスタ)

open/start 18:30/19:00
adv./door.
¥2000/¥2500(+1drink¥500)
□配信
URL:https://www.youtube.com/c/livehousenanosince2004
□投げ銭送金先:
STORES→https://livehousenano.stores.jp
Paypalme→https://www.paypal.me/nanosince2004
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)→
http://livehouse-nano.com/streaming.html
詳しく見る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)