毎日更新!

京都の歌ものロックバンド『ステレオタイプ』のVoです。個人ブログを私生活5割、どうでもいいこと3割、バンド関連1割、意味不明0.5割、手抜き0.5割の割合で毎日更新しています。

いざ!グランドラインへ!

いざ!グランドラインへ!

僕の個人的な趣味だと思うんですが、女の子のファッションで
フィールドオブビュー並みにドキッとしてしまうものがあります。

なんだと思います?

ミニスカート?
いやいや、違います。

ホットパンツにニーハイソ?
悪くないですねー。

ガーターベルト?
峰藤子か!

正解は、スウェット生地のワンピースです。

あの無防備感、なんなんでしょうね。
ガッツリ隠して、見えてないのに溢れ出る煮汁のようなエロス!
まさにエロティカセブンです。
エロティカセブンとエウレカセブンはタイトルこそ似ていますが
まったく関係のないものなんです。

なぜこんなにも超ど級に胸を踊らせるのか。
ちょうど良く、なんて言ってちゃダメージダメージです。
で、考えてみたのですが、
女性を女性足らしめるもの、それは丸みを帯びたフォルムだと私は思うのです。
その女性を女性足らしめる丸みを帯びたフォルムを際立たせ、強調させる。
それこそが、スウェット生地のワンピースの魅力ではないでしょうか。
ならばこそ、男性が胸を踊らせる。これは宿命(さだめ)ですね。

ハリセンボンならば、はるかより春菜のほうが女性らしい。
森三中ならば。。。おっと皆さん甲乙付けがたい女性らしさ。

という訳で、もしこの文をお読みの女性の方。
もし意中の男性がいらっしゃいましたら、スウェット生地のワンピースで
アタックしてみてはいかがでしょうか?
ショルダーバッグでベルト部分が体の中心にくるようにかけていればなお良しです。
それで「見て下さい、このボデー!」と、ジャパネットたかた宜しく迫れば、
きっとその男性は、
ありったけの夢をかき集め 捜し物を探しに行くことでしょうね。

いざ!グランドラインへ!って感じです。

さて、オチもついたところで今日はこの辺で。



次回ライブ
2/24 京都live house nano
ステレオタイプ主催
「ロックトゥザフューチャー13」

出演:
ステレオタイプ
Andare
soratobiwo
the seadays
OPEN 17:30 START 18:00
adv¥2,300/door¥2,800(1D別途)
詳しく見る
コメントは受け付けていません。